ドッグフードが安心・安全とは限らない!

ドッグフード

 

私は、生後3歳のチワワ×ミニチュアダックスフントのメス犬と、1人と1匹で暮らしています。

 

飼い犬は、とても聞き分けが良く、いつでも良い子にしています。
しかし、食事に関しては、少しワガママが出てしまいます。

 

そんな食いしん坊の飼い犬をとても愛している私は、飼い犬により良い食事を与えたいと思い、ドッグフードの成分について調べる様になりました。

 

すると、今まで何も知らなかった自分が怖ろしくなるくらい、ドッグフードには様々な物が使われていました。

 

 

【原材料のチキンミールとは?】

 

私が飼い犬に与えていたドッグフードの原材料には、「チキンミール」と書かれていました。
「ミール」の意味が分からず、ネットで検索してみると、チキンミールとは、「骨付き」または「骨無し」のチキンを粉状にした物の事を指していました。
また、チキンミールに使用されているチキンは、人間が食べる事を許可されていない部位(「くちばし」「羽根」「糞」など)が含まれている事も分かりました。

 

愛して止まない飼い犬に、この様な物を与えていた事を知り、その場で、残りのドッグフードを捨てました。

 

但し、全てのチキンミールに、くちばしや羽根などが含まれている訳では無い様です。

 

 

【原材料の家禽肉とは?】

 

ドッグフードの原材料に記載されている材料で次に気になったのは、「家禽肉」です。
他にも、「肉類」など、と言われる事があります。

 

家禽肉は、アメリカでは4Dミートと言い、
「Dead(死んだ)」
「Dying(死にかけている)」
「Diseased(病気の)」
「Disabled(けがをした)」
という意味があるそうです。

 

人間の食品基準では不合格を受けた物が、主に使われている様です。

 

 

【人間基準】

 

プレミアムフードと呼ばれる、高品質・高価格のドッグフードの中には、人間の食品基準に達した食品のみを使用して作られているドッグフードがあります。
これらの商品は、高品質である事を謳い文句にしている為、必ず、その旨がパッケージに記載されています。

 

飼い犬の健康の事を考えたら、「プレミアムフード」か「香辛料を使わない料理」を与える事が必要なのかと、考えさせられます。

 

 

現在、飼い犬には、プレミアムフードを与えています。
プレミアムフードは、高たんぱく・高カロリーの為、与え過ぎてしまうと、直ぐに太ってしまうので、目分量で食事を与えない様、心掛けています。

 

飼い犬が若い内に、この事実を知れた事は財産と思い、この情報が広く発信する事を願っています。

 

ドッグフードを購入するところについ

今は色々なところでドッグフードを購入することができるようになっています。当然ながら、ペットショップではありますし、ホームセンターもあります。(ロイヤルカナンなど)量は決して多いとはいえないのですがコンビニすら置いてある時代なのです。

 

インターネットのショッピングサイトなどを活用する、というのもありです。評判を調べることが楽にできますし、意外とそうしたサイトのほうが安い、ということが多いのです。安ければよい、というわけではないのですが、基本的には安いほうが有難いことではあります。

 

ですが、メーカーなどに拘るようにしたほうがよいことは確かです。やはり健康に直結することになりますから、どんな物でもよいから食べさせることができればよい、なんて考えの人はいないでしょう。

 

愛犬の為ですから、少なからずしっかりとした品質のドッグフードを購入したいと考えることが多いに決まっています。実はそこでお勧め出来る買う場所があるのです。それが獣医のところです。

 

獣医さんが直接的に販売していることがしっかりとあります。さすがに適当な物を売ることはないでしょうから信頼できる獣医さんがいるのであればそこで購入することがお勧め出来るといえるでしょう。

 

おすすめ記事:ドッグフード比較一覧|口コミ、ランキングもご紹介!

更新履歴