まさか ! 大好物がアレルギーの原因だなんて

我が家の愛犬は10歳 ヨークシャテリアの女の子です。
2年前、8歳の時の出来事です。それまでこれといった大きな病気も

 

なく順調に成長してきましたが、ちょうど引っ越しをした時期に、アレルギーらしき症状が出ました。目の周りがただれかゆみがひどくなり、動物病院
に受診したところ、環境も変わったしハウスダストが原因かも?との事でした。しばらく薬と薬用シャンプーやマイクロバブル等で様子を見る事になりましたが
いっこうに症状は改善されませんでした。病院の先生の勧めで、細かいアレルギー検査を行ったところ以外な結果が出ました。大好物のチキンでした。

 

我が家にやってきた時からペットショップの勧めでチキンのカリカリのドックフードを8年間続けていたのです。おやつもチキン系ばかりでした。

 

その後、先生と相談しラム肉のセンシバインツに切り替え症状は非常に落ち着きました。おやつに関しても、販売されているものは、ほとんどがチキン入りのものなので
サツマイモをふかしたものをあげています。長年、大丈夫だった物でも突然アレルギー反応が起こる事もまれにあるとのことでびっくりでした。

 

細かいアレルギー検査は5000円位の費用でしたが、言葉で訴える事が出来ない大切なわが子の為に是非、検査をおすすめしたいと思います。

 

犬の食べ物についてのこと

犬に与える物というのは、基本的には市販のドックフードにすることが重要であるといえます。それは一体どういうことであるのか、といいますと人の食べ物の大半は食べることができるのですが塩分や糖分が過多になってしまうことがありますから、基本的には避けたほうが良いのです。それに人が食べることができるとしても犬は食べることができない、というものがあるのです。

 

ネギとかチョコレート、にんにくなどが駄目です。これは嫌いとかそうしたレベルの話ではなく、食べると生死に関わることになりますから、人の食べ物をそのまま与えることはリスクもあるのです。ですから、しっかりとしたドッグフードを渡すことが犬にとっても有難いことなのです。ちなみに犬はどれを食べてよいのかどうか、ということを大半は理解できていないのです。それこそが重要なポイントです。

 

つまりは、主人側に問題があるのです。なんでもあげようとしないでしっかりとしたドッグフードを与えることです。市販のものであればそれだけでよいのです。但し、それでも良し悪しがありますから、それはしっかりと守るようにしましょう。それが必須であるといえるでしょう。焦らないで決めることです。