シミトリー副作用が少ない理由と天然成分

シミトリー 副作用

シミトリーの副作用はあるのか

「シミトリー」は無添加、天然素材を使用していますが、医薬部外品ですので、副作用がないとは言い切れません。

 

しかし、一番美白効果のある、ハイドロキノン誘導体「アルブチン」が気になりますが、ハイドロキノンとは違い、高い安全性の実績がありますので、比較的、副作用の可能性は低いと思います。

 

しかし、アレルギー体質や、万が一のことも考えると、一度パッチテストを行ってから、使用すると安心して使用できます。

 

しかも、シミトリーは14日間の返品保証もありますので、肌にあわなっかたら返品できますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

シミトリー美白成分(ハイドロキノン誘導体(アルブチン)とビタミンC誘導体)を配合しているため、医薬部外品として販売されていますが、無添加です。

 

シミトリーは、「10種類の天然保湿成分」と、香料など肌に負担をかける7つの化学成分を無添加することで、敏感肌にも配慮されています。

シミトリーで評判の10種類の天然保湿成分

シミトリー副作用が少ない理由と天然成分

シミトリーは、10種類の天然保湿成分が配合されているので、肌のハリ、保湿、弾力が期待できます。

 

フラバンジェノール、ビルベリー葉エキス、ユキノシタエキス、マロニエエキス、カンゾウフラボノイド、天然ビタミンE、セラミド、オリーブ油、スクワラン、シア脂

 

フラバンジェノール

 

ビタミンCの600倍の美肌効果が期待でき、乾燥からくる小じわ対策が期待できます。

 

ビルベリー葉エキス

 

お肌のハリの効果が期待できます。

 

ユキノシタエキス

 

肌のターンオーバーに効果が期待でき、肌のキメを整えます。

 

マロニエエキス

 

肌の透明感への効果が期待できる。

 

カンゾウフラボノイド

 

肌荒れ防止の効果が期待できる。

 

天然ビタミンE

 

新陳代謝を促進することで、肌のハリに効果が期待できる。

 

セラミド

 

肌に潤いを期待できる。

 

オリーブ油

 

メラニンの生成の抑制効果が期待できる。

 

スクワラン

 

乾燥肌を抑制する効果が期待できる。

 

シア脂

 

肌に潤いを与える効果が期待できる。

7つの化学成分を無添加に

シミトリー副作用が少ない理由と天然成分

 

通常の化粧品だと添加物なのが、シミトリーでは無添加です。

界面活性剤、鉱物油、香料、着色料、パラベン、エチルアルコール、シリコーン

 

医薬部外品ですが、無添加なので副作用が心配が少ないのも分かりますね。

 

シミトリー @コスメの評価でも副作用のコメントなし

 

口コミサイト大手の、アットコスメでの口コミでも、副作用があったというコメントもありませんでした。

 

シミトリーには、敏感肌に配慮した10種類の天然保湿成分を配合しており、さらに無添加なので、安心して使用できるんです。