医薬部外品のシミトリーの美白効果

シミトリー 医薬部外品

シミトリーは医薬部外品オールインワンクリームです

シミが薄くなる効果が期待できる、シミトリーは「医薬部外品」のオールインワンジェルです。

 

効果は、「医薬品」ではなく、「化粧品」より効果があります。

 

医薬部外品のシミトリーの美白効果

 

 

シミトリーのようなスキンケア用品は、大きく分けて3種類に分けられます。

 

「化粧品」
「医薬部外品」
「医薬品」

 

の3種類です。


 

それぞれの違いをみていきますね。

意外と知らない「化粧品」「医薬部外品」「医薬品」の違いとは?

「化粧品」とは

 

化粧品とは、口紅やファンデーション、マスカラなどをイメージする人が多いと思います。

 

体を清潔にしたり、見た目を美しくしたりする目的で、皮膚等に塗布等をし、作用・効能・効果が緩和などを保つものです。

 

つまり、美容を目的として作られたものです。

 

化粧品の分類で以外なものは、歯磨き粉や、シャンプー、リンスなども化粧品に分類されています。

 

 

「医薬部外品」

 

医薬部外品とは、有効成分が一定量以上配合されているもので、厚生労働省より認可され、化粧品よりも効果が期待できますが、医薬品とは違います。

 

つまり、予防効果をうたったり、医薬品よりは緩和だが人体に何らかの改善効果をもたらすものがこれに含まれます。

 

医薬品や医薬部外品は「有効成分」を商品に記載することができます。

 

ですので、シミトリーは、シミが消えるといった効果は期待できず、シミが薄くなったりする効果は期待できます。

 

 

医療品

 

配合されている有効成分の効果が、厚生労働省に認められたもので、病気の「治療」を目的とした薬のことです。

 

ひと言でいえば「薬」です。

 

つまり、効果については「改善」「治療」を目的としたものなので、「効く」「治す」といった表記されています。

 

 

効果は

化粧品 < 医薬部外品(薬用化粧品) < 医薬品

スキンケアは「医薬部外品」がちょうどいい

シミトリーコスメは美白オールインワンジョエルです

シミトリーは「医薬部外品」なので、有効成分を含んでいますが、天然成分も含んでおり、敏感肌にも使いやすいように、配慮されて開発されていますので、安心して使用できるのはないでしょうか。

 

 

シミトリーは「医薬部外品」なので、有効成分を含んでいますが、天然成分も含んでおり、敏感肌にも使いやすいように、配慮されて開発されていますので、安心して使用できるのはないでしょうか。

 

私は敏感肌なので、医薬品では、肌への刺激が強い場合があるので、医薬部外品で低刺激なものを使っています。